集まれ!ライチョウ応援隊2022

日本の高山にしかいない鳥、ライチョウ。その数はどんどん減って絶滅が心配されています。大町市の山岳博物館ではライチョウを飼って増やす研究をして、ナラの新芽を乾かして一年中使えるエサを開発しました。
ライチョウについて学び、餌づくりを手伝うことで、ライチョウの保全につながるイベントを開催します。また、ミズナラを伐り出すにあたり、葉っぱ以外の材の活用についても考えます。

日時:2022年5月21日(土)10:00~15:00
9:40~10:00 受付
10:00~11:30 山岳博物館 ライチョウの観察・展示見学
11:30~13:00 移動・昼食(各自でお願いします)
13:00~15:00 千年の森自然学校 ライチョウの説明・ナラの伐採とお話・葉っぱつみ(元山岳博物館 宮野典夫さん、山仕事創造舎 川面優さん)

場所:(午前)大町山岳博物館、(午後)千年の森自然学校
対象:主に小学生とその保護者
定員:20名
参加費:小中学生500円、大人1,000円
持ち物:飲み物、昼食、帽子、野外で動ける服装・靴、雨具

申し込み:こちらのフォームから記入してください。

昨年のレポート動画はこちら

SDGs:目標15「陸の豊かさを守ろう」
ターゲット15.4 生物多様性をふくむ、山地の生態系を保全する。
ターゲット15.5 絶滅危惧種を保護し、絶滅させないよう緊急の対策をする。

主催:特定非営利活動法人 ぐるったネットワーク大町
協力:千年の森自然学校大町市立大町山岳博物館山仕事創造舎

*本事業は地球環境基金の助成による民間非営利活動(2022年度採択事業)です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。